カテゴリ:「放送塔」( 46 )
Which
どっちの料理ショーが本日で終了。
9年半ですか。意外と長い...

いつの間にか一般人参加がなくなってましたね。やっぱり一般人だとネタがないんでしょうか。

昔は「特選素材使ってんだからマズいはずねーよ」なんて思ってましたが、これはウソですな。
『愛のエプロン』を見る限り。(w やっぱり、『どっち・・・』みたいに料理人じゃないとね。

自分が食えるわけでもないのに、ついついどっちにしようか迷ってしまうってのも不思議なもんだわな。
まぁとりあえずお疲れ様でした。
[PR]
by zenchi719 | 2006-09-14 23:59 | 「放送塔」
TVKの回し者
金曜夜のテレビ神奈川の番宣。

23時から「どうでしょうリターンズ」、23時半から「イグザンプラーテレビ」。

イグザンプラーテレビのエセニュースなど、独特の意味不明なバカらしい雰囲気が面白い。MXテレビの「テレバイダー」の血を受け継いだっていう感じがでてる。エアギター金剛地のキャラが濃すぎる。(w

詳しくはTVKWebへどうぞ。

どうでしょうリターンズ (TVK・HTB)
イグザンプラーテレビ (TVK)
[PR]
by zenchi719 | 2006-09-08 20:53 | 「放送塔」
昼テレビ雑感
※独断と偏見に満ちてます。(w

業務後、素直に帰れば”こたちょー”の時間。最近見てないな、素直に帰ってないみたい。
11時20分過ぎから”子育てれび”。見ても全然参考にならん。(w
11時半から”FNNスピーク”。川端くん・高木くん。あなた方、カミすぎですよー。(w
半分寝ぼけた目で、お昼食べながら見るパターン。時たま”きょう発プラス”や4chのニュースの時もあり。

12時からそのまま”いーとも”だったり”スクランブル”だったり。”おもいっきり”を巡回する事もあり。
13時から”ごきげんよう”。ただし出演者による。
13時半で”ごきげんよう”が終わり、”おもいっきり”へ。だいたいこの頃が生電話のコーナー。


こんな芸能人の墓場の連中に相談するヤツは、ヴァカだ!


とか毎日キレながらも見てしまう。(w
時間が無くなった時の強制終了っぷりがまじで強引。まったく解決になってない。

引き続き情報特急便。ニュースに対するみのの反応が意味不明。勝手に断罪してたりするし。

14時から”ザ・幅広”
草野さんの「そうですね」づくし。流れは良いが、どことなくうさんくさい。森富美の存在意義がない。

#弁明しておきますが、ずっと見っぱなしではありませんので。(w

この時間帯は、とにもかくにも保険の宣伝がうるさすぎる。特に”蟻子”。(ぉぃ
子育てれびの時はひろみち兄さん、おもいっきりは地井武男って感じで何パターンか番組にあわせているようだが、とにかくしつこい。毎日見てたら洗脳されるって。
[PR]
by zenchi719 | 2006-09-07 23:59 | 「放送塔」
最後のナイチンゲール
終戦記念とやらでやってたので見てみた。(まぁ不純な動機もw)

まず一言、「2時間半返せ」。(www
いやー、もう最悪な展開でした。脚本がひどい。本当に意味不明。

「女なんだから!」っていうような妙なジェンダーを持ち出し、「男・日本軍=悪、女・アメリカ軍=善」というような単純な二分論をにおわせていた。”戦争の悲惨さ”を伝えたいというのが主眼だったはずだろうに、それによって本来の目的が阻害されていたように感じる。
まー、あとありえない展開(詳細は番組の掲示板をご覧下さいw)とみみっちい非現実的な戦闘シーン。洞窟んなかで手榴弾使ったらみんな周り死んでますから!(w
他に化粧がばっちり決まっているのが戦争モンなのに不思議です。この時代の戦地にいる人がきれいに眉毛整えてるはずねーよって。(w リアリティゼロです....

あまりにリアリティがないと、いくらキレイな言葉並べられたって浮いてるんですよ。作られた感があって説得力がない。うさんくさい。それに比して、ヒストリーチャンネルで実際に体験した老婆が戦争について語る方が数千倍説得力がある。

まぁドキュメンタリーではなくあくまでもドラマなので、事細かい所までリアリティは求めないけれども、かといって無さ過ぎるのはいくらなんでも!って事です。完璧な物語ならまだしも史実の中のドラマですから、もう少しまともな描き方をしていただきたかったな...
[PR]
by zenchi719 | 2006-08-22 23:59 | 「放送塔」
ほぼ日本人
今日のTVタックルは国際会議と称して、カナダ・アメリカ・ロシア・中国・韓国の評論家が出ていた。

このアメリカ人が、やたら日本語が流暢で、もはや気持ち悪いの域。(ぉぃ
蝶ネクタイなんかしちゃって見かけはいかにもアメリカ人って感じなのに。

でも日本語をそこまで習得するには相当な努力をしたのでしょう...

と思うと敬服です。不覚にも名前失念...
[PR]
by zenchi719 | 2006-08-07 23:59 | 「放送塔」
自ら隊
アンテナ22という、伊東四郎とテリー伊藤のダブルイトーが出演する番組がある。

今回の内容は、 凶悪犯を追え!「犯罪捜査最前線」 という事で、警察特集。
福岡県警の自動車警ら隊に密着したものだった。なかでも新人隊員を追っていた。

新人といっても35歳。柔道五段らしく、機動隊から移ってきたらしい。そんな警察官バリバリな人でも、パトカーは初めてらしく、運転の講習では苦戦。

それもそのはず、狭あい路でのカーブの連続やV字型の曲がり角など、コースは一般教習所の比にならないくらい上級向けなモノ。確かにパトカーは狭い路地をスイスイ進まなくてはならないから、巧みなテクニックと車両感覚が必要である。
パトカーを80km/h以上で走らせながら、1m90cmの幅の所を通るという訓練もあった。タイヤも含めた幅が1m70cmであるから、余裕は左右それぞれに分けると10cmという事になる。教官は見事に通過するが、教習生は置いてあったコーンを全て飛ばしてしまった。

他にも様々な訓練があった。練習を繰り返し、1ヶ月ぐらいで見事合格。

その後、実際にパトカーに助手として乗り、無線連絡や緊急走行時の車外スピーカ担当になっていた。追っかける時は、相手がころころ進行方向を変えるから、車外への呼びかけもそれに対応して迅速に行わないといけない。(「直進します!」がいきなり「左折します!」になったりとか) これが相当しんどいようだった。

まぁあと番組全体としては、怪しい車を直感的に嗅ぎ分けて職務質問したらヤクが出てきたりとか、警察官の捜査に関して色々な内容が含まれており、興味深かった。

いやー、パトカーを扱うにはすごい努力してるんだなぁと感動。まさにプロだねぇ、プロ!

アンテナ22 (日本テレビ)
[PR]
by zenchi719 | 2006-07-24 23:59 | 「放送塔」
おしゃれ
おしゃれismが1時間スペシャルで、ゲストがさんまちゃんじゃないですか。
見ないなんていう選択肢があるであろうか。(ぉぃ

#スポンサーが資生堂だけだから、CMが短くてよい。(どうでもいい
[PR]
by zenchi719 | 2006-07-23 23:59 | 「放送塔」
じょーび、じょばー
「体の中のよからぬものが...」

『銀河鉄道スリーナイン』のメーテルと哲郎の組み合わせがツボだったんで、もう一度見たいんですが、もう流れません。”バー!!!”の部分の哲郎の声が良かった。

あの感動をもう一度チュセヨ。
[PR]
by zenchi719 | 2006-07-16 23:59 | 「放送塔」
ファイナル
うをー、ついに「子連れ狼」最終回です。見てしまった。

柳生との決戦!最後は相討ちということで。
互いに血が出すぎですからー。血のりとはわかっていてもグロい。

1976年制作だそうで。30年前かー。

#そういえば、萬錦のおいである中村獅童くんが酒気帯び運転ですよ。(ぉぃ
[PR]
by zenchi719 | 2006-07-12 23:59 | 「放送塔」
冥府魔道
最近ケーブルテレビで23時頃からやってるんですよ。萬屋錦之助の『子連れ狼』。
杉田かおるが小学生ぐらいの子役として出てる頃なので、30年ぐらい前の作品なのだろうか。
いやー、これが何気に面白い。

大五郎の箱車がやたら頑丈で気になる。(w
鉄砲はついてるし、伸縮式の槍は装備されてるし。鉄で装甲もされている。

今で言えば、ベビーカーに武器がついてるようなもんですよ?
想像するだけで不思議。我ながらくだらねぇw

この大五郎の子役が本当に殺人を犯してしまった、っていう笑えない話で締めくくりたいと思います。(ぉぃ
[PR]
by zenchi719 | 2006-06-08 23:59 | 「放送塔」



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧