公共の福祉
山梨県内の山間部は急峻な地形の関係上、カーブ・アップダウンが小刻みに続き、片側1車線・追い越し禁止の道路がほとんどである。そして各々の通りは、迂回路のない一本道である事が多く、トラックのような職業ドライバーが運転する車も多い。
山梨は全国第三位の自動車保有率。クルマはまさに足であり、Jimotyは山道に慣れているといえる。

国道の場合、ゆるいカーブなら60km/hぐらいで普通に曲がれる。きつくてもせいぜい40km/hで。
市街地なら信号が多く、”出せる所では出す”運転はデメリットが多いが、山道のように信号が少ない場所ではその運転でないと、道がスムーズに流れない。30・40km/hの法定速度を遵守していたら、後ろが連なるのが現状だ。

土日になると、山梨県内に観光客がたくさん訪れるが、中には山道に慣れていない人がいる。カーブの手前で必要以上に驚くほどまでに減速し、カーブ出口で加速をしない人がいる。そのカーブが上り坂だったらなおさら減速してしまうのに。

そういう車を先頭に、車がずらっと連なる事が多々ある。

無理してスピード出して事故られても困るから、無理をせずにマイペースで運転するのがベストなのは確か。ただ、ぜひとも待避所や安全な場所での待避待ちを活用していただきたいのである。追越が禁止されている区間が多いからこそ、他の車にも配慮して欲しい。

まぁそういう車に限って後ろの状況が読めていなかったりするわけですが。(w

後ろの車がイライラを募らせて、無理な追越をかける方がよっぽど危険である。「別に自分が悪い事しているわけではなく、どうしてスピードを出す車に譲らなきゃいけないんだ?」という考えもあるだろうが、無理な追越をかけられて巻き添えを食らうよりはマシであり、「自分の身を守るため」として考えて欲しい。

ツバサがついて車高を低くしたいかにも”走り屋”な車が来た場合、自分は譲る。一応、むこうも手を挙げてくれたり、サンキューハザード個人的にあまり好きくないがwをしてくれたりするから、それなりの譲り甲斐がある事が多い。

しつこいですが、”周りの車の考えを読み取ってほしい”

今日通って切実に思った。(w
[PR]
by zenchi719 | 2006-09-03 23:59 | けふの出來事
<< 往復10km 夏 is over >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧