駿河の国へ
あったかい海を見に出かけたくなったので、行ってきました。
房総でもよかったけど、由比のエビが食べたいので、静岡にしました。

★特急 スーパーするが号
東名高速・沼津・国道1号・由比・三保・日本平・御殿場・山中湖方面

※ご乗車には乗車券の他に、ETCカード・座席指定券が必要です。




東名高速の東名川崎ICまで下道。約30分の道のりだった。実は東名を本格的に運転するのは初めてだったりする。超うれしい。
走る場所が住宅街だから、防音壁が高い。3車線だから中央道に慣れている自分にとっては広く感じる。さらに中央道と違ってカーブが緩やか。さすが大動脈ですな。

海老名SAにせっかくなので寄ってみた。メロンパン屋に長蛇の列。アド街で紹介されたんですか、そうですか。厚木の”バブルの塔”を通過すると、さすがの東名も山岳路線っぽくなる。大井松田IC辺りから、右・左ルートの2つに分岐。適当に左ルートを選択。こっちは都夫良野トンネルを通る古典的なコース。そんな事言ってる間に静岡県に突入。このクルマ初めての静岡入り。

裾野IC付近事故工事の関係で片側通行となっているらしく、御殿場IC辺りから渋滞。6km、25分という表示。うげぇ、長い... 現場を通り過ぎたら急に流れ出した。結構時間をロスしてしまった。沼津ICで下車。駿河湾沿いの御用邸記念公園を目指すが、伊豆河津の桜を見る人で沼津市内の交通渋滞が半端なく、ラチが明かないので適当に折り返した。12:40ぐらいになっており、お腹が空いたので国道1号(東海道)に近い地元の回転寿司屋へ入店。

体連系学生集団がカウンターを占拠しており、次々に注文するので生産が追いつかず、ベルト上を流れている寿司が超まばら。これじゃ食えねぇよ。(w 彼らが帰ってからは、寿司の密度が急上昇し本来の姿を取り戻した。地元の漁師さんのお店のようで、朝釣ったばかりのネタらしい。とても新鮮で、ネタがでかい。シャリが小さく感じる。そして値段が安い。そして現地でしか食べられない貴重な生シラス!これ最高。うますぎてシャレにならん。

昼を済ませた後は東海道をひたすら西進。3車線の広いバイパスで、途中からは高速のような構造。それでも無料。とても快適~♪
富士川を渡り、蒲原付近から海沿いを走る。うをぉ、まじ海が美しい。エメラルドグリーンですよ、色が!左側の走行車線で景色を楽しみつつ走る。由比付近で海産物直売所を発見し、車を停める。駐車スペースが狭く、車の入れ替わりが激しくて錯綜。人でごった返していた。桜エビとシラスを購入。惣菜を入れるような透明なパックにぎっしりと詰められている。200gで800円!量の割りに安い。さすが直売。

d0004747_121902.jpgさらに西へ進み、清水市街を走る。清水港をぐるっと回って三保へ。三保の松原の”羽衣の松”を目指す。天女伝説の松はここの事らしい。(←写真)
★天女伝説
三保の松原のとある松の枝に美しい衣が掛かっていて、漁師の伯梁がそれをとって帰ろうとすると、どこからともなく天女が現れ「それは私のものだから返してほしい」と頼む。「それならなおさら返すわけにはいかない」と伯梁は言い、天女は「天に帰れない」と嘆き悲しむ。さすがにそれを見て哀れに思った伯梁は、天人の舞を見せてくれることを条件に羽衣を返すと言い、天女は喜んで伯梁のために舞をまって、霞の彼方に消えていった。
↑まったく迷惑な漁師だ。なんでてめぇが条件つけてんだって。(w
d0004747_12191413.jpgんでまぁ、その松は海岸沿いにありまして、すぐ横が砂浜で大海原なんですよ。だだっ広くていかにも太平洋って感じ。対岸に伊豆半島が見えた。天気はとても良くてきれいだが、飛ばされそうなくらい風が強くて、落ち着いて眺めていられなかった。太平洋にしては波も高くて荒かった。駿河湾は岸から近い所でも水深が深いという特徴がある。海の色的にも濃いめで、深そうなのが実感できた。

休憩所でみそ田楽(200円)を食す。休憩所は松林の中にあり、風はほとんどない。海を眺めつつ休める。松林の防風効果は偉大。

土産屋でイカ墨付さきいかを購入。さきいかを墨で黒くして、”松の根”と見立てて売るのはすごい商魂。(w お店の人の話術が素晴らしい事。

今度は久能山付近の日本平を目指す。三保から10kmない程度。日本平パークラインはかつて有料だったようだが、今は無料。料金所の跡があり、結構ボロボロになってたので怖かった。ウネウネ山道を登りきると日本平の山頂。展望台が2箇所あり、両方とも見晴らしが良かった。海を挟んで富士山を見られるのが嬉しい。清水の市街地やさっき行った三保の松原もを見下ろせる。
<↑ただいまトップの写真になっております...>

16時を回ったのでそろそろ撤退。清水ICから東名へ。すると横浜町田IC~秦野中井ICまで25kmの渋滞らしい。富士川SAに立ち寄った頃には30kmにまで延びており、通過に1時間かかるとの情報。だいたいドライブの帰りは山梨を通るが、我らが中央道も八王子から大月まで30kmぐらいの渋滞。日曜だから想定はしていたが、”渋滞はしゃらくせぇ”という事で、御殿場ICで下りて、山中湖・道志経由の下道で帰る事にした。距離的にはこれが一番近い。


やっぱり、帰り道は山梨かよ!


御殿場から篭坂峠を越えて山中湖へ。もう真っ暗になっちゃった。気温0度で、路肩には雪だらけ。うをー、静岡とは大違い!寒い!山中湖畔のセブンに立ち寄る。
18:25に再出発、道志を通る国道413号へ。何度も通っているが、夜は初めて。街路灯がないので、まじで真っ暗。どっちに道が曲がっているのか判断するのが大変なくらい。(w なのに走り屋が猛スピードで通過していく。どうしてこの道であなた方はそんなに飛ばせるのか。(w 走り屋を追っかけるようにして進むとコースがわかるので、あえて先に行かせた。コバンザメ走行愛用ですよ。

国道413号は津久井に出る。津久井市街地は混むので、南回りの山道で迂回。山中湖から城山まで1時間で来た。うひょひょ、迂回大成功。20時過ぎに帰着ー。

いやー、静岡は暖かくて良い所ですな。海が美しい。あったかいところだから気分も良いし。
シラスやエビが美味しかった。あと、バイパスの整備が行き届いていて、道路交通環境もとても良い。静岡県内なら東名ではなく東海道で十分。まぁとはいっても都市の中心部の渋滞はきつい傾向だが、総じて走りやすかった。
くどいようだが、富士山と海がセットで楽しめるのが最高!山梨からだとせいぜい湖どまりですから。(w
しかし富士山の形はやっぱり山梨から見た方がきれいだな。稜線がなだらかで山梨の方が美しいのよ。↑山梨ナショナリズムw

未開の地、静岡を探索できて、とても有意義でありました。

清水・三保・日本平付近地図(Mapion)
静岡東部広域地図(Mapion)
[PR]
by zenchi719 | 2006-03-05 23:59 | クルマ de Go!
<< 計算ミス WBC第二戦 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧