高尾山冬そば
業務後、たっちー氏と勢いで高尾へそばを食べに行く事に。
京王では、冬季の高尾山需要低下に対応するため、「高尾山の冬そばキャンペーン」を実施している。

高尾の山越えで力をつけさせるために、とろろのそばが振舞われていたとか。それで高尾山周辺にはそば屋が並んでいて名物になっている。それぞれのお店に個性があるようだ。




渋谷から井の頭線に乗車したが、雪・混雑・急病人でダイヤが乱れていた。電車がなかなか来ないので、その間に同キャンペーンのパンフレットをGET。100円の割引券が3枚付いていて、案内マップや店の紹介が載っている。

d0004747_22464924.jpg明大前で京王線に乗り換えて特急京王八王子行きに飛び乗る。あったかい車内では睡魔に襲われる。高幡不動で各停高尾山口行きに乗り換え。こちらは扉が開け放ち状態で外気がバンバン入ってたので、車内が寒い。
高尾線はほとんど掘割区間。こちらの方が雪が多くて寒い。各停の停車時間の短さが京王クヲリティ。11時半頃に高尾山口に到着~。降りたのは我々と数名の客のみ。
周辺の雪景色がとても美しい。カメラ持ってくれば良かった。

携帯で撮影した高尾山口駅停車中の京王8000系→

甲州街道沿いの店を覗いてみるがやってるのかやってないのかよくわからない。それになんか外観がちょっと... 参道沿いの店はほとんどが休業。そりゃぁ雪の日の平日だからなぁ。

ケーブルカー・リフトのふもと側の乗り場たる清滝駅付近に行ってみる。リフトは営業していない。まぁ今日なんか使う人いないわな。ケーブルカーは往復900円。うーむ、高い。上には上らずに、駅周辺の清潔感良好かつ風格のあるお店に入り、座敷に上がる。店内には数名の客が。

とろろそば(945円→クーポンで840円)を注文。店内は、静かな雰囲気で落ち着く。しばらくしてとろろそば到着。ここのとろろは、そばとは別の容器に入っていた。卵を混ぜてそばにかける。

とてもうまい。とろろが天然モノで素晴らしい。あまりに美味しいので汁まで飲みきりました。(ぉぃ
一味唐辛子も入れたので汗かいてホカホカ。しあわせ~。(爆
そばのお茶があっさりしていてこれも美味しい。最高です。 写真撮るべきだった...
d0004747_22462536.jpg


温まった所で周辺を散策する。
空気が冷たくてすがすがしい。


ネコが路上で毛づくろいして溶けた雪の水を舐めている。
寒いのか、やたらのんびりした動きでのびをしていたりした。
かわいいので携帯で撮影。(w





高尾山口駅といえばトリックアート美術館。駅の目の前にある怪しげな建物。1Fはガソリンスタンドで2Fが美術館という珍妙な構造。目の錯覚を利用したアトラクションというか美術館というかそういう施設。(ぉぃ テレビに前出てました。値段によっては入場しようという事になったが、入場料が中の受付みたいな所に入らないとわからない雰囲気。エジプトっぽい入口の微妙な不気味さと、入ったら断れそうにない雰囲気にKnockOutされて出直す事にした。(チキンw

駅前のバス停の時刻表をふらりと見てみた。相模湖駅行きのバス(1日3本)が13:17に出るらしい。25分程度待てば乗れる。(w 甲州街道の難所、大垂水峠を越すバスだから楽しそうだ。運賃が書かれていなかったので、神奈中バスの営業所に問い合わせまでしてしまった。(w
440円らしい。しかし時間の都合により、相模湖から帰るとなるとちょいギリギリである事が発覚し、素直に引き返す事にした。後で調べたら約13kmの行程を所要時間は27分という事で、余裕だったようだが。

雪の高尾山はとても美しく、夏とは違った雰囲気が味わえる。ちょっと一足伸ばして高尾でリフレッシュ!っていうのも良いかも。

高尾山の冬そばキャンペーン (京王電鉄)
トリックアート美術館
[PR]
by zenchi719 | 2006-02-07 22:55 | 日々旅にして旅を栖とす
<< 規格外 帰ってきた五反田 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧