使い分け
今日で法制史は最終回を迎えた。さすが最終講、出席者はいつもより多め。

養老律令時代の刑罰が、明治の初期まで残っていたのはある意味すごいかも。
ムチ打ち系列の刑は主観的要素が入るから、西洋の近代社会から始まって消えていったそうな。まぁワイロで痛みを軽減する打ち方をしてもらうとかそういうのがあったらしいですからね。

死罪には、絞首と斬首の2種があったようだ。絞首が軽めで、斬首が重めの罪の時。
中国では来世の事を考慮していたらしく、同じ死罪でも過程に違いがあったようだ。
 斬首 → 首がなくなって胴だけになる = 来世の命をも奪う → 重い
 絞首 → 見かけ上は首が繋がっている = 来世は生きられる → 軽い

へぇ~
なんて思いながら、日本への中国刑罰法規の影響の強さを改めて感じておりました。
[PR]
by zenchi719 | 2006-01-14 23:59 | けふの出來事
<< investigation 何日君再来 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧