火付盗賊改方の出番
下関駅舎、放火で全焼…住所不定の74歳男を逮捕

 7日午前2時ごろ、山口県下関市竹崎町4、JR下関駅横のJR所有のプレハブ平屋倉庫付近から出火。隣接する木造一部2階建ての駅舎や運転士が宿泊する鉄筋44階建ての乗務員センター、周辺の飲食店3棟に延焼し、倉庫と駅舎部分を全焼するなど計約4000平方メートルを焼き、約3時間後に鎮火した。けが人はなかった。
 県警下関署は同日、住所不定、無職福田九右衛門容疑者(74)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。
 調べに対し、福田容疑者は「空腹でむしゃくしゃし、うっぷんを晴らすためにやった。倉庫付近で、ライターで紙に火をつけた」と供述している。(中略)
 この火災で、駅舎内にある通信ケーブルの配線室が焼損して隣接駅と連絡がとれなくなり、山陽線・小月―門司駅間、山陰線・長門市―下関駅間で運転を見合わせている。再開の見通しは立たず、JR西日本は代替バスなどで対応している。

※本日付読売新聞、全文は下記リンクより...

まったくこれ何考えてるんですかねぇ。あきれて物が言えない。
テレビの映像で実際の様子が流れてましたが、火の勢いがすごくて恐ろしいもんですね。ガラスがバリバリ割れて、炎がゴォーゴォーと迫ってくる様子を見ると悲惨。駅が燃えるなんて普通考えませんからねぇ。1942年建築の歴史ある建物だけに、焼け跡が余計寂しく映る。

山陽・山陰の幹線を持ちつつ九州との連絡口を担う下関は、本州最西の交通の要衝。乗務員センターの備品やケーブルが焼失し、列車の運行に大幅な支障をきたしている。旅客列車だけでなく貨物列車にも大きな影響が出ている。

死傷者が出なかったからまだ良かったものの、”放火”は重罪。鬼平に首斬られる所だぞ。
大雪といい放火といい、鉄道にとって踏んだり蹴ったりな年明けになりましたな...

下関駅舎、放火で全焼…住所不定の74歳男を逮捕(読売新聞)
[PR]
by zenchi719 | 2006-01-07 23:59 | 旬の話題
<< 学習能力なし エリア51発見 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧