海を求めてゴソゴソと
車もきれいになった事だし、田舎行く前に出かけたくなった。
というわけで午前中に色々済ませてから、毎度おなじみ湾岸線を走る事に。また、先輩たるYANA氏から小田急付近の裏道を教わったので、その道を試しに通ってみる事にした。

★快速 川崎縦断号
尻手黒川道路・荏田綱島線・市電通り・湾岸線・第三京浜方面

※ご乗車には乗車券の他に、ETCカード・座席指定券が必要です。




14:15に家を出発。鎌倉街道の諏訪下橋を曲がり、若葉台駅方面へ。
黒川駅北側の信号を左折し、ちょいとジグザグして小田急多摩線沿いの道に出た。センターラインは所々無いが、十分に2車線あるような道幅。ちょっと舗装がデコボコしている。何箇所か谷になっていて、結構起伏が激しかった。
片平で世田谷通りをPASSすると、小田急の踏切に差しかかる。渡ると一部区間が一方通行。前に何台かいて、そのままついていったら自然と尻手黒川道路に出た。あとは東進。

稗原で右折して、あざみ野駅方面へ。交通量が東へ行くほど増えていき、ちょっと滞り気味になった。北山田付近では横浜市営地下鉄の工事で車線が減って特に詰まっていた。しかし日吉本町付近に行くと急激に交通量が減った、不思議だ。(w 綱島街道と交差する北綱島を通過したのが、15時半頃。

その後はウネウネ通って、南加瀬から再び尻手黒川道路へ。南武線尻手駅をくぐり、あとは市電通りを進んで川崎市中心部を突っ切る。産業道路にあたった所で左折して北上。K1・首都高横羽線の真下の道路で3車線の幅広。普段は大型車尽くしなんだろうな。

塩浜右折、夜光左折、殿町三丁目右折で、ついに殿町ICからK6・川崎線に入る。割引で580円だった。このK6、自分しか走っている車が無い。こんな所で、80km/h制限なんて守れるであろうか。(w
川崎浮島JCTで、B・湾岸線へ。西日がちょうど真正面から入ってまぶしい。お決まりの大黒PAで休憩。この時、16:20頃。16:36に再出発。

休憩後は今までのまぶしい西日はどこへやら。暗くなり始めて車幅灯点灯。。本牧JCTからK3・狩場線石川町JCTからK1・横羽線へ。みなとみらい付近は地下構造になっていていかにも都市高速って感じ。横浜駅付近では高い所を走るので、景色が良い。周辺の高層ビルが圧巻。そごうを右手に見ながら、金港JCTからK2・三ツ沢線へ。あれよあれよと言う間に第三京浜に突入。ここまで大黒PAから15分もかかっていない。いやぁ便利だわ。(w

都筑ICで降りる。ここから北上してスポーツ会館で左折。往路で通った荏田綱島線・尻手黒川道路を西進する。往路よりも流れが良い。そして小田急を渡る時に、教わった裏道を通ってみた。往路で通った道は一方通行なので、復路ではそれを迂回せねばならない。地図上では狭そうだった迂回路も、いざ行ってみると意外と広かった。とはいえ、最後の方はちょっとした待避所で対向車とすれ違うイメージ。小田急の踏切をスムーズに渡り、あとは往路の逆。18時ジャストに帰宅となった。

川崎市をちょうど東西に串刺しにするように通った。時間帯が違うとはいえ、川崎を縦断する道は、なんとなく東進の方が西進よりも時間がかかるような気がした。小田急をいかに渡るかが課題だったが、教わった道は穴場で素晴らしく、愛用しそう。(w 勉強になりました。
[PR]
by zenchi719 | 2005-12-30 23:23 | クルマ de Go!
<< おーみそか プリントごっこ >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧