指揮権発動問題(韓国)
史上初 法務部長官指揮権発動「姜禎求を任意取調せよ」

 東国(トングク)大姜禎求(カン・ジョング)教授の司法処理問題で、憲政史上初めて法務部長官が検察総長に指揮権を発動した。
 千正培(チョン・ジョンベ)法務部長官は12日午後6時50分頃、金鍾彬(キム・ジュンビン)検察総長に「姜禎求に対する国家保安法違反事件関連捜査指揮書」を送り、姜教授に対する検察の拘束捜査意見を差し戻し、「在宅捜査せよ」と指揮権を発動した。
 姜教授は最近、「韓国戦争は統一戦争」「マッカーサー将軍は韓国の敵」と発言し、国家保安法違反容疑で警察の捜査されたことに続き、検察に捜査指揮が下された。
 千長官の指揮権発動は、「拘束捜査」の立場をとる検察・警察に対抗し、「在宅捜査」や「処罰不可」と主張してきた青瓦台(大統領官邸)やヨルリン・ウリ党の立場を反映したものであるという点で、検察と政界に大きな波紋が起こることが予想される。
 千長官は指揮権発動に先立ち、12日午後金総長と40分間余り電話会談し、「拘束不可」の意思を通そうとしたが、金総長が拘束捜査の意思を最後まで曲げなかったため、指揮権発動に至ったと伝えられた。
 金総長は同日夜「長官と意見が同じならば、指揮権発動がなぜ必要なのか」とし、長官と総長の間に意見の対立があることを示唆した。
 金総長は、最高検察庁参謀と緊急会議を開き、長官の指揮を一旦受け入れた後、去就問題などに関する公式見解を13日に発表することに決定した。
 指揮権発動とは、「法務部長官は検察事務の最高責任者として、具体的事件に対しては検察総長のみを指揮・監督する」という検察庁法(第8条)による検察権制御装置の1つだ。 
 ※10月13日朝鮮日報Webより

独裁政権下時代の清算問題など、最近韓国の司法が揺れてます。それと、よく検察の問題が出てくるんですよねー。国家保安法があるってのが、いかにも形式上戦争中の国だって感じですね。言論の自由が無いようなもんです。日本にいると保障されてるのが当たり前のような気がしますが、まぁそうでない国も多いという事で。

史上初 法務部長官指揮権発動「姜禎求を任意取調せよ」(朝鮮日報・該当記事へ)
[PR]
by zenchi719 | 2005-10-17 23:11 | 旬の話題
<< ♪チャンスは毎週 悪の枢軸 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧