三浦半島は復習必須
業務終了後、ロッカーで雑談。どうやら皆、思い思いのところへ出かけるようだ。
じゃぁ我も出かけるかなぁって事で、京急のプロフェッショナルたるたっちー氏の指導の下、京浜急行で三浦方面へ行って参りました。

d0004747_13575736.jpg

横浜駅で三浦半島1DAYきっぷ(1400円)を購入する。
三浦半島のフリー区間内の京急線、京急バスが乗り降り自由なんです。
ホームで流れている自動放送の言い回しが独特で、すでにここは異文化。
いやぁ京急ですよ、京急。(テンションかなり↑)




11:12横浜発の快特(新1000形)で南進。都合により金沢文庫で一旦下車。
11:38金沢文庫発の快特(2100形)に再び乗車。今度はクロスシート。特別料金無しでこのクロスシートで旅ができるのはおいしい。金沢八景を出ると景色が一変。住宅街→山の間の田舎。(ぉぃ 堀ノ内辺りから三浦半島っぽい景色(起伏の激しいところに畑)になる。

12:08、終点の三崎口に到着。さぁてどこに行くかな?(行き当たりばったりw)
とりあえず昼ご飯を食べに、港を目指す。12:23(所定の5分遅れ)に三崎東岡行きのバスに乗る。座席は眺めの良い一番後ろ。ここら辺の道路は去年の10月に車で通った。懐かしい。この起伏の激しさとカーブの多さがたまらない。
三崎東岡に到着。ここに営業所があるのでバスの拠点になっている。しかし目的地の三崎港へは停留所1つ分及ばない。仕方がないので歩く。道が狭い。手を広げて歩いたら車と接触しそうな頼りない歩道。(w 7・8分ほどで三崎港に到着ー。

昼どころを探すために、周辺をうろうろ。もちろん目的はマグロ☆ しかしシャッターが結構下りていてあまり活気が無い。(w 平日だし仕方が無いか。波止場の方に比較的きれいな外観のお店を発見。高いのかな?と思ってメニューを見ると、限定15食のマグロ丼ランチが980円。入店が賛成2、反対0、棄権0で可決された。

ガラガラガラ。「いらっしゃい」。カウンターと座敷の構成。カウンターには先客がいたので座敷を選択。かかっていたテレビが”おもいっきりテレビ”で、”今日は何の日”のコーナーでJR片町線の特集。やばいやばい、207系だ!(尼崎事故と同型の車両)

マグロ丼到着。うわぁーうまそう!赤みの色がたまらん。
あら汁風味噌汁と茶碗蒸しと漬物もセットで980円は素晴らしい。まぁ量は多いとはいえないが、これはうまかった。くぅー、わさびがたまらん。そしてこの味噌汁が最高。しょっぱめだがやめられない。さすがあら汁。温まって汗が出てきた。大満足でお気に入り追加です♪

しょっぱさと暑さのせいで急激に水分を欲する。近くにあったampmでバブルマンソーダ味を購入。五臓六腑に染み渡る。(w
さて、次の行き先を決めねば。(ぉ 城ヶ島は何度か行ってて、特別何かあるわけでないのでPASS。浜諸磯という興味深い地名に惹かれるが、三浦半島の西海岸沿いをずっとバスで進み、鎌倉方面を目指すことにした。

14時ちょうど三崎港発のバスで三崎口駅に戻る。バスの路線図を駅で入手。

14:32三崎口駅発のJR横須賀駅行きバスでを目指す。途中左手に陸上自衛隊の駐屯地があって敷地がとても広い。いかついなぁ。林バス停付近には自衛官募集の広告がちらほら。

14:49発の逗子駅行きのバスに乗り換える。途中からDQN高校生が沢山ご乗車。(苦笑
左手には相模湾。陽の光を海面が反射するのでまぶしい。この照り返しがキレイ。
葉山御用邸の前を通るとすぐに葉山の中心街。ここらで大半のバスは内陸を通るようになるのだが、海岸沿いに進むバスがある事が発覚し、乗ってみたいので葉山大道で降りる。

15:25発の逗12系統逗子行き(海岸回り)に乗り換え。
1時間に1本しかないのにうまく乗り継げた!奇跡!

しゃべり口調が美川憲一風の独特の運転士により、海岸沿いをぐいぐい進む。今までよりもさらにカーブがきつくて、道が狭くなった。おやおや、センターラインが消えましたよ。(w
ミラーがないと曲がれないようなカーブが続出。バスと大型車のすれ違いは圧巻。木の枝から数cmしか離れていないギリギリの所を進む。運ちゃんすごすぎ。もちろんすれ違う一般車の技量も要求される。
あるカーブで茶髪の兄ちゃんが運転するスポーツワゴンがカーブで結構なスピードで突っ込んできた。
↑まさにスピードワゴン。(ぉぃ そこで運転士がボソッと...


「ぉぃぉぃ~、つっこんでくんじゃねぇよ」


乗客一同、まさに思っていた事を見事に代弁。(w
しかも車内放送用のマイクが入りっぱなしで、そのつぶやきが車内全域に放送された。(爆

逗子郵便局で下車。さらに鎌41系統小坪経由鎌倉駅行きに乗り換え。このバスが今回の旅で重要な役割を果たすとは、この時まだ知る由も無かった。(w

おやおや、またまたセンターラインが消えましたよ。しかも山越え。これ普通は一方通行だろ!っていうような道を大型車同士がスイスイすれ違っていく。やばい、この路線。
山を下って住宅街に入る。ちゃんと片側1車線の街路に出てホッとしていたら、キンコンキンコン鳴り出した。(京急バスはウィンカーを出すとチャイムが外へ向けて流れる)


「え?曲がるの?」


またもや一方通行でもおかしくない街路に突入。切り欠きギリギリを回る。もはや運転士にとってバスは体の一部。乗ってる我の手から汗が出てくる。乗客にも緊張が走る。(w


まさにサプライズ運転、劇場型だ


若宮大路が広く感じるようなおかしい感覚になる。鎌倉駅に無事到着。ふぅー。
とりあえず一休みという事で、駅前の不二家・サーティワンに寄る。
「おや?何か人だかりが出来ているぞ?」

店内を見ると、国名の書かれたタスキをかけた女性が何人か。
これもしかして、昨日都知事を表敬訪問したというミスインターナショナル出場者か?
その後もちらほらとその関係の人を見かける。とても人工的な容姿でマネキンみたいだった。(ぉぃ オーストラリアとニュージーランドのオセアニアコンビは仲良くセットで行動していたのだが、チャイナとチャイニーズタイペイは別行動だった。(爆

17:03発の鎌23系統金沢八景駅行きに乗車。鶴岡八幡宮前で渋滞。その後はどんどん高度を上げて、朝比奈峠を通過する。峠のてっぺんでは八景側の街と海が見えた。もう17時半ぐらいになっていたので海はオレンジ色に染まっている。
朝比奈峠を下るとまた渋滞気味。アフター5のバスはつらいかも。滞り気味なので眠くなる。

17:40頃に金沢八景駅に到着。17:49同駅発普通車、金沢文庫で特急青砥行きに乗り換え、18:17に京急川崎着。川崎の地下街を通って、18:31発の南武線立川行きで帰宅となりました。

葉山~逗子、逗子~鎌倉のバスが最高でした。これはやみつきになる。絶対もう一度乗りたい路線。景色も良いし運転も良い。マイカーではなく、バスで行く道路である事を実感。マイカーだと景色楽しんでたら対向車とぶつかります。(w
電車よりもバスで楽しんだ1日でありました。こんなに三浦半島が面白かったとは!

★外部リンク
たっちー氏による当該記事(成長の無い日々)
 ↑トラックバックがイマイチ理解できないのでここに貼ります。(w
三浦半島1DAYきっぷ(京浜急行)
三浦半島先端部(三浦・葉山)広域図(MAPION)
三浦半島根元(逗子・横須賀・鎌倉)広域図(MAPION)
[PR]
by zenchi719 | 2005-09-16 22:44 | 日々旅にして旅を栖とす
<< 札屋 己の声との戦い >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧