夏合宿 峠越え・そして解放の巻
7時半に起床。ラジオ体操なんて行っている場合ではない。ひたすら午前のを詰める。
朝食後もギリギリまで詰めて、担当する勉強部屋へ。

9時に開始。構成員は通常の5+2+2の9人。まずは定プリの確認。(これは毎回行われる)
確認とは言いながらも、これが夏合宿で覚えるメインのため、1時間を超えた。
それが終わってから本来の短答問題(○×風、その答えを導くまでのプロセスが重要)へ入る。全7問あるうちの3番で10時半になり、一旦休憩。休憩とは言えども、こっちは必死なのであまり休めず。のどがやたら渇く...

11時前に再開。なんとか自分の所が終わった時には11:58!終了2分前で、結構テンパった。ぎゃぁ、事例問題(問題となるケースを色々と検討していく)担当の相棒の出る幕の無いまま午前の勉強会が終了してしまった。まぁ、どうやら全班延長が出たらしく、どうにかなる標準的な範囲で終わったらしい。少し一安心。




昼食後から午後の勉強会開始の14時まではフリー。休む間も無く、それに備える。何せ今度は持ち込み不可。流れを覚えねば撃沈する。(メモ書きすらダメ...)

14時から午後開始。チューターから全ての項目において深めに指すように指示があったにも関わらず、とても優秀な班で定プリについてサクサクと答えてくれた。当てている間に何とか流れを思い出すという連発で、なんとか進めていく。全5問中、3問終わった所で休憩に入る。
休憩後は、サクサクっと進んで、自分の担当分野を終える。これで自分は勉強から解放されるのだが、心の中に留めておく。

その後は後ろの席に移って、後半の事例の人の講義を聴いて参考にする。チューターさんはお二方ともエグイと言われていながらも面白い方で、和やかな雰囲気だった。不十分な所があればフォローしてくれるし、鋭い指摘で勉強になる。今思えば一番やりやすかったのかもしれない。なので、延長に入って本来は自分は帰っても良いのだが、翌日担当するところもなく余裕があったので、引き続きその場に居続けた。

夕食後は、チューターさんから頂いたお褒めの一言に感動し、勝手に充実感に浸る。30時まで起きていた甲斐があったー。
翌日の午前にも勉強会はあり、1年とそれを担当する2年以上の人はまだ必死に勉強し続けているので、ワイワイ騒ぐ訳にはいかない。明日以降の企画のミーティングが26時頃に済んだ。風呂に入ってからばたんQでした。
[PR]
by zenchi719 | 2005-08-25 23:59 | けふの出來事
<< 夏合宿 全面解放・肝試しの巻 夏合宿 定プリ・朝までレポ演の巻 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧