秩父往還
いつぞやに申し上げたように、先月末の関東地方を襲った強い地震で国道411号が崩壊して柳沢峠が通行止めになってしまった。当初はその柳沢峠に行く予定だったが、通れないのなら一本北側から大回りしてやろうじゃないかって事で、”秩父を周遊&雁坂トンネルを通って恒例の山梨へ抜ける”というルートを選択しました。

★特急 かりさか1号
秩父・三峯・雁坂・三富・勝沼方面

※ご乗車には乗車券の他に、高速代・ガソリン代が必要です。

※写真UPしてみました。容量制限が痛い。大きい写真を載せたいのに...




8:15に家を出発。近くのコンビニで飲食物を調達、さらにガソリンスタンドでレギュラー満タンにする。立川駅付近から昭和記念公園沿いに北上し、多摩湖を抜ける。湖が見えるかと思ったら林のせいで見えない。そして意外に道幅が狭い...

その後は国道463号(所沢入間バイパス)・国道299号を西進し、飯能へ。飯能駅近くではJR八高線と西武池袋線の連チャン踏切があり、流れが悪くなる。飯能駅前を脱出した後は、さらに299号を進む。山あいを流れる高麗川に沿ってこの道路と西武秩父線が通っている。

約2kmの長さの正丸トンネルを抜けて、まずは道の駅「あしがくぼ果樹公園」に寄る。10:45頃に到着。広くてきれいな施設。野菜や地酒をはじめとする特産品を売っていて、客で賑わっている。

引き続き299号を西進すると秩父市街に入る。意外に(ぉぃ)賑わっていた。上野町交差点で左折し、国道140号(彩甲斐街道)を西進。市街地はスルーする。

d0004747_1810415.jpg
途中、秩父鉄道浦山口駅付近で枝道に折れて、浦山ダム・秩父さくら湖を目指す。トンネルをいくつか抜けると湖が見えてきた。展望台があるので立ち寄る。11:30頃に到着。右写真のような感じ。水位は満タンの半分ぐらいだろうか、結構少なめだった。

枝道を引き返して再び140号を西進。お昼時になってきたので道の駅「大滝温泉」に寄る。12:10頃到着。温泉施設もあるらしい。特産品コーナーは釣り糸をボーっと垂らしている感じで商売っ気ゼロ。名物であるソバを食べる。(だいたい山の方はソバが名物w) 長野とはまた違う感じの味だった。うーん、なんと言えばいいんだろ。麺もつゆもおいしゅうございました。

さらに140号を西進。途中の交差点で左右に分かれる。右に行くと、雁坂トンネル開通と共に大型車も通れるよう開業した大滝道路。左に行くと、昔ながらの秩父街道。次の目的地、三峯神社は旧道からしか行けないので、左折する。三峯神社とは、ヤマトタケルノミコトが東国へ派遣された際に登った所らしく、イザナギ・イザナミノミコトをしのんで造った神社だそうな。(沿革はこちらへ)
この付近の地図【広域】(Mapion)
この付近の地図【詳細】(Mapion) ←新道旧道の分岐はこの地図でいう右上の信号。

大型車が新道に流れるせいか、対向車が激減。新道との分岐から4km程の所にあるトンネルの手前で停止信号。どうやら行き違いができない単線トンネルのようで、完璧に信号に制御されている。待ち時間を示す赤いメーターがあるが、なかなかそれが減らないので結構イライラする。(w

青信号になり進んでみるとビックリ。トンネルは大型バスがギリギリ通れるか程度の大きさしかなく、照明が暗くて洞窟ぽい。心霊トンネルにありそうな、おどろおどろしい雰囲気。さらに面白いのは、こんな暗いトンネル内に交差点。(w 三峯神社へは左へ折れる。トンネルを出るといきなり二瀬ダムの上を通りだす。車1台がやっと通れる幅。通り過ぎて広めの所へ出ると対向車が溜まっている。どうやらダムを通過する区間まで片側通行のようだ。1kmぐらいあるから相当長いような気がする。そりゃ対向車溜まるわな。

カーブミラー無しでは怖くて走れないような道が続く。とても急な上り坂。こんなとこヤマトタケル君は登ったのかよ... 10kmほど上り続けた13:15頃に三峯神社駐車場到着。

500円!?

とりあえず払わないと折り返せないので、しぶしぶ入場。神社本殿へはここから15分登るらしい。諸事情により、景色だけ楽しんですぐに引き返す。(w
帰りはもちろん下り坂。対向車が来たかどうかを前の車に判断させるというコバンザメ走行を行う。(ぉぃ ふもとの片側通行区間では4分ほど待たされた。

今度はいよいよ山梨へ抜けるので、西へ向かいたいのだが、例のトンネル内から西へ向かう事は禁止されてしまっているので、一旦東へ戻る。そして新道と旧道の分岐点まで引き返して、今度は新道の大滝道路を西進する。
この大滝道路は前述の通り大型車対応なので広く、98年開通なのできれいで走りやすい。途中滝沢ダム付近に廿六木橋と大滝大橋のループ線があり、その橋の大きさのスケールと目下に広がるダイナミックな渓谷の姿が素晴らしい。相当金がかかってるぞ、この道。よくこんなところにこれだけの道を通したと感心。長い大峰トンネルを抜けると旧道と合流し、雁坂トンネルが近づいてくる。

雁坂トンネルとは98年に開通した日本一長い一般国道山岳トンネルで、その長さは6,625m。埼玉県と山梨県は接していながら自動車の通れる道路が無く、両者は東京を経由してからでないと結ばれず、交流は断絶状態だった。武田信玄は秩父往還という軍用道路を整備していたが... 両者を結ぶ道路を作る構想は戦後直後からあり、着工は昭和末期、開通は98年となった。普通車の通行料は710円。一見高めだが、沿革を考えれば安いと思う。

雁坂トンネルを抜けると山梨県である。道の駅「みとみ」に寄る。14:30到着。かつては三富村と称していたが、今は山梨市に編入された。西沢渓谷というきれいな名所が近くにあるため、賑わっていた。桃がとても安く売られていたので購入。

ふもとへ向けて下り続ける。カーブは少なめで広い道路。奥秩父の道路とは比べ物にならないくらい走りやすい。普通に90km/h出せる。(ぉぃ
塩山市街地へ下りてからは、広域農道を走る。ぶどうや桃の農園の横をトラクターが走る。これぞ山梨(国中、甲府盆地)の景色!

d0004747_18111494.jpg
そしてJR中央線の勝沼ぶどう郷駅に趣味で立ち寄る。(w 15:20到着ー。
その後、近くのぶどうの丘へ行く。ここは勝沼付近のぶどうで作られたワインがたくさん取り扱われており、ぶどうをアピールする公営の施設である。ワインは買えないので、見て楽しんでおいた。(w ここの高台から甲府盆地を見渡す事ができる。超きれい。この景色大好き。甲府盆地を支配した気になる。(ぉぃ Simcity甲府って感じ (^^)ヾ →

16時頃にぶどうの丘を後にし、帰路に着く。勝沼ICから中央道に乗る。いやぁもう庭です、このあたり。(w 空いているので快走する。笹子トンネルを抜けて大月JCT・ICを過ぎると3車線。流れが良くて心地よすぎる。上野原ICで2車線になってしまうので滞り気味になる。17:17に家に到着。ふぅー着いたー!

奥秩父の山道を生活道路とするのはイヤだな... 救急車とか大変だなぁと余計な事を考えてしまった。総延長258km。今回は渋滞に巻き込まれず全体的にスムーズにいったので、有意義でありました。

#長くてスミマセン。
三峯神社ホームページ
雁坂トンネル(山梨県道路公社)
#今回のルート概要→超広域地図(Mapion)
右上、299号を西進して秩父市街を通り抜け、浦山ダム・二瀬ダム(三峯神社のふもと)へ。その後引き返して上側の140号を西進。雁坂トンネルを抜けて笛吹川沿いに山を下り、塩山市街へ。勝沼ICから中央道で帰宅という感じです。
[PR]
by zenchi719 | 2005-08-01 21:00 | クルマ de Go!
<< 短縮営業 良い粗品 >>



~おいでやす、ふちゅうや~   徒然なるままにお送りします...
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぶらり途中下車の旅~三浦編~
from 成長の無い日々
Fishing @ ri..
from 土佐間近の徒然日誌〜夏休み版〜
Musical Baton
from 成長の無い日々
My Alibi
from Treasure Box
走ると血が・・・出そう
from 成長の無い日々
Links
京王グループ
― あなたと あたらしい あしたへ

TOKYU CORPORATION
― 美しい時代へ

東日本旅客鉄道
― East Japan Railway Company

高速日和
― 中日本高速道路

AUTOBACS
― カー用品の事なら...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧